MENU

グルコサミンとは?成分内容と特徴について

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンとは何でしょうか。
名前から想像つくでしょうが、これはグルコースが少し修飾された化合物です。

 

グルコースはおそらく誰でも聞いたことがあるでしょう。
ブドウ糖とも呼ばれ、これが多数つながったものがデンプンであり、またブドウ糖と少し別の形の糖であるフルクトースが結合するとスクロース、つまりショ糖となるというように、自然界に存在する代表的な糖質の一つです。

グルコサミンの働き

糖質は別名炭水化物とも呼ばれるように、化学的には炭素と水からなっている化合物で、いくつかの水酸基(-OH基)を持っています。
この水酸基の一つがアミノ基(-NH2)に置き換わったものがグルコサミンです。
つまり、グルコサミンの成分内容とは、代表的な糖の一つであるグルコースの一部にアミノ基を持つ物質ということができます。

皮膚・軟骨・関節などに含まれる成分の一つ

グルコサミンサプリ,比較

私たちヒトにおいては、このアミノ基がさらにアセチルアミノ基(-NH-COCH3)に置き換わったアセチルグルコサミンの形で体内に存在しています。

 

このアセチルグルコサミンの性質の特徴は、水分をしっかりと保持したり、あるいはクッションのように弾力性があることにあります。そして、ちょうどグルコースがデンプンの構成成分になっているように、アセチルグルコサミンもまた他の物質の構成成分になっています。

 

その例としてはヒアルロン酸が挙げられますが、皮膚、軟骨、関節など、柔軟性を保つことが重要である組織に多く含まれ、まさにその柔軟性を保つための働きをしています。


グルコサミンの働きと関節痛や保湿との関係

グルコサミンサプリ,比較
膝の痛みに働きが期待されると最近テレビなどでよく宣伝されているグルコサミン。
関節部分の骨についている軟骨をつくる大事な物質です。

 

人間の体内で若いうちは十分に合成される成分ですが、加齢とともにその合成能力が衰えてきます。
軟骨は加齢や無理な動きなどで常にすり減っているので、その都度修復が必要になってきます。

 

この修復の働きに欠かせないのがグルコサミンで、体内での合成が追い付かなくなると、軟骨が少なくなって骨と骨が直接ぶつかりやすくなり、関節痛を引き起こします。

グルコサミンで足の関節に自信

グルコサミンサプリ,比較

こうして起きる関節痛を完治するための有効な治療法はないとされています。
一般的には痛みや炎症を緩和する対症療法が主体となっています。

 

そんな中で、グルコサミンを体外から取り入れることによって少しでも軟骨の修復に役立てようというのが、グルコサミンやコンドロイチンを主成分としたサプリメントです。
実際、グルコサミン等の摂取で足や手などの関節に自信を持てるようになったという人が多くいるのも事実です。

肌の保湿を保つ働きも

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンのもととなる成分です。
コンドロイチンもまたプロテオグリカンの一部です。

 

プロテオグリカンは関節の他、脳や肌等にも存在する重要な成分で、肌の保湿にもなくてはならない物質ですから、グルコサミンを外から取り入れることは、衰えてきた肌を元気にするのにも役立つ可能性が高いとされています。

 

こうした軟骨成分の元となる物質を食品から摂るには、

  • 納豆
  • オクラ
  • めかぶ
  • 山芋

等のネバネバ食材をとるといいと言われています。
毎日常食するのもなかなか難しい場合は、サプリメントを活用するのもいい方法と言えるでしょう。

グルコサミンを多く含む食品の摂取と比較について

グルコサミンは元気に活動していくために大切なものなのですが、年齢を重ねるごとに減少してしまいます。
関節痛の予防や日々の健康を保ちたいという場合、この成分を多く含む食品を摂取すると良いでしょう。

グルコサミンを多く含む食品

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンを多く含む食品は動物性だと

  • エビ
  • カニ

などなどがありますが、特に殻の部分に多いということです。
また、

  • うなぎ
  • フカヒレ
  • 鶏の皮
  • 山芋
  • おくら
グルコサミンサプリ,比較

などといった食品にも多く含まれています。

 

日常的に食べるなら山芋がおすすめです。
山芋はグルコサミンだけでなくコンドロイチンを含むムコ多糖類も多く含まれています。

 

また、食品に気を付けることが難しいという場合、サプリメントを利用するという方法もあります。
食品と比較して手軽に摂取することができますし、摂取量が分かりやすいというメリットもあります。
山芋やおくらにひざの痛みを緩和する効果があるということは、あまり知られていないかもしれません。
もちろん食品から十分な量を摂取するのは難しいため、サプリメントも利用すると良いでしょう。

 

サプリメントの成分も確認すること

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンのサプリメントにはエビやカニなどがよく使われています。
甲殻類アレルギーがある場合はエビやカニの殻を原料としてサプリメントは摂取できないため、植物性のグルコサミンを多く含む食品を食べると良いでしょう。

 

また、トウモロコシ由来のグルコサミンを使っているサプリメントなどもあるため、そのようなサプリメントなら甲殻類アレルギーがある人でも安心して摂取することができます

 

グルコサミンとコンドロイチンの関係性について

グルコサミンサプリ,比較

最近、軟骨や関節によいサプリメントとして、グルコサミンやコンドロイチンを含むものが発売されています。この両者の関係性について説明しましょう。

 

先に簡単に答えを言ってしまいますと、この2つの成分は同じ目的を立っていするためのパートナーです。
もちろんこの答えは簡単に説明するために細部を端折っていますが、おおよそは間違いではありません。

グルコサミン・コンドロイチンの構造
グルコサミンサプリ,比較

では、この関係性をより詳しく説明するために、グルコサミンからみてみましょう。

 

グルコサミンとは、これまた簡単にいうと、グルコースとアミンということになります。
グルコースとはつまりブドウ糖のことですが、その一部がアミノ基に置き換わった化合物をグルコサミンと呼ぶのです。

 

一方で、コンドロイチンとは、グルクロン酸とガラクトサミンが結合したものがいくつも連なった構造をしています

 

さあ、よく見て下さい。何か似た言葉がありますね。
ガラクトサミンがそうです。
これは、ガラクトースとアミンです。

 

ガラクトースは乳糖に含まれる単糖類で、グルコースに近い構造を持っていますが、
同様に一部がアミノ基に置き換わった化合物がガラクトサミンなのです。

2つは切っても切り離せない存在

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンもコンドロイチンも、軟骨などに多く含まれ、柔軟性、保水性といった非常に重要な役割を持っているということではどちらも同じです。

 

グルコサミン自体はコンドロイチンやヒアルロン酸の元の材料です。
このグルコサミンが歳を重ねるとともに減っていくと同時に、コンドロイチンも減っていくのです。
ですからこの2つの成分は切っても切り離せない存在で、関節対応のサプリメントにはかかせない存在なのです。


グルコサミンのサプリメントの飲み方と摂取量

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンのサプリメントを利用したいという場合、飲み方や摂取量をきちんと守ることが大切です。
飲み方については商品によってそれぞれ異なります。
1日3回飲むものや寝る前にまとめて飲むものなどがあります。

 

ちなみに、サプリメントというのは1回で効果が出るわけでないため、ある程度継続して摂取するようにしましょう。

グルコサミンサプリは食後がおすすめ

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンのサプリメントを継続して摂取するという場合、食後に摂取するのがおすすめです。
胃が空っぽの時に飲むと負担をかけてしまうこともあるので注意しましょう。
また、1日に3回分けて飲むことで胃の負担を減らすことができますし、効果も長く持続するということです。

 

グルコサミンの働きを実感したいという場合、1日中胃の中にサプリメントがある状態を作り出すことが大切です。

 

サプリメントを摂取する時には水やぬるま湯で摂取することがポイントです。
コーヒーやお茶などにはカフェインが含まれているため、グルコサミンの吸収を阻害してしまいます。
また、ジュースで飲んでも効果が下がってしまうことがあるため、水やお湯で飲んだ方が良いでしょう。

 

1日の摂取量は1000mg~1500mg程度

グルコサミンサプリ,比較

1日の摂取量は1000mg~1500mg程度です。
あまりたくさん摂取すると吐き気や下痢などといった副作用が起きてしまうことがあります。
また、若い人の場合は摂取量を少なくしておくことがポイントです。
グルコサミンのサプリメントはコラーゲンやビタミンCなどと一緒に摂取するのもおすすめです。


グルコサミンのサプリメントの選び方と比較

グルコサミンサプリ,比較

関節というのはとても重要なものなのです。
しかし、年齢を重ねるごとに体内のグルコサミンは減少してしまいますし、それによって関節に痛みなどのトラブルが起きてしまうこともあります。

 

グルコサミンは毎日少しずつ摂取していくことにより、自信の持てる体づくりができるでしょう。

 

ちなみに、グルコサミンの1日の必要摂取量は1500mgとされており、食品から十分な量を摂取するのは難しくなっています。この成分は甲殻類の殻やうなぎ、山芋、おくらなどに含まれているのですが、このような食品を毎日食べ続けることはなかなかできないでしょう。

 

グルコサミンは年齢によって減少してしまうため、
年を取っても元気でいるためには減少した分をしっかりと補っていくことが大切です。

グルコサミンサプリの選び方|成分の比較

グルコサミンサプリ,比較

グルコサミンを効率良く摂取したいという場合、サプリメントを利用するのがおすすめです。
サプリメントなら1日の摂取量が分かりやすいですし、継続しやすいと言えるでしょう。

 

ちなみに、グルコサミンのサプリメントは甲殻類から抽出した成分を使っている場合と、発酵させて作った成分を使っている場合があります。

 

この2つを比較してどちらが良いかというわけではないのですが、選び方としてアレルギーがある人は成分をしっかりとチェックしましょう。

 

また、膝の痛みを治したい場合や体の動きを改善したいという場合、
グルコサミンだけでなくコンドロイチンやヒアルロン酸なども配合されたサプリメントを選ぶのがおすすめです。


グルコサミンサプリを徹底比較|本当のグルコサミンサプリは」関連情報